院長の習慣慎重 2017年8月31日

逝く夏や

今年の夏のアルバイトは某大手電機会社の東京工場でTOEICを教えている。現業の方々なので、正直、目標点はあまり高くない。ところがそのお蔭であまりテクニックに走ることなく、「本当の」英語を一から教えることが可能になり、お互い充実した勉強が出来ている(と信じている)。企業によってはかなり無理な高得点を社員に課す会社もあるが、そうなれば自ずと英語はさておき、どうやって「TOEIC」を上げるかにばかり気を取られる罠に陥る。皮肉なものである。この工場の方々、英語の理解と言う点では得点アップに血道を挙げる人達より、むしろいずれは伸びていくのではないか。いや、そうあっていただきたい。

映画熱再び

NHK衛星の映画チョイスには失望が続いている。なんでこんな映画を、しかも繰り返し繰り返し。今年はいい出会いが殆どない。ツタヤにあるのは売れ筋ばかり。悪貨が良貨を駆逐する典型例。私が観たいような(マニアックな)クラシックはまずおいていない。止む無く最近はamazonで中古DVDを購入している。60年代前半の米映画を代表する一作なのに全く観る機会がない”Hud”を購入した。やはりさすがマーチンリット。濃密。小林正樹の「上意打ち-拝領妻始末」、仏映画50年代の名作「過去を持つ愛情」も仕込んだ。比較的最近観たばかりだが「お見送りの作法」もやはり素晴らしかった。久々に「いちご白書」も観たいと思ったら日本語字幕DVDは何と絶版で、VHSビデオがあるだけ。お値段は何と16,000円だって!もう観れないのかな。

「ハッド」の画像検索結果

今月の一句

夕暮れと競うが如し百日紅

「百日紅 画像」の画像検索結果